モモだより

白ペキニーズ・モモの日常を紹介します♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 犬ブログ ペキニーズへ

昔のホームビデオが見つかり
再生してみたら初代ペキのプー助の映像が写っていました。

始めの映像は、プーちゃんが我が家に来た当日のものです。


古いVHSをデジタル化してるのでめちゃくちゃ画質悪いです。


*音量に注意!!



まだ小学生の頃の私やクマmama、そして両親がまだ若い。。。


当時シカゴ郊外に住んでいて、冬はいつも雪に覆われていました。

プー助のお母さんに会いに行ったときの映像も途中写ってます。
プー父は残念ながら犬舎の火事で亡くなっていたため会うことはできませんでした。

当時は親戚探しサイトはもちろんインターネットすらない時代で
血統書に記載された犬舎の情報から父がブリーダーさんを見つけ出してくれたのです。


プーちゃんの命日は日本時間の2005年12月3日早朝。
現地時間で12月2日の夕方。
ニュージャージー州の両親の自宅で、母の腕の中で静かに息を引き取りました。
雪の多い冬の日でした。

寒い冬の日はどうしてもプーちゃんの最期の姿を思い出してしまって
3年経った今でも涙がでてきてしまいます。
うぅーん。。もっと前向きにならなくては。




さてさて、モモのおハゲちゃんはだいぶ目立たなくなってきました。

doughnut.jpg

クリスマスプレゼントのドーナツクッションを気に入ってくれたようです。


にほんブログ村 犬ブログ ペキニーズへ

スポンサーサイト
今日は先代のプー助の誕生日生きていれば18歳。



1989年8月26日、プー助は4つ子のひとりとして
アメリカ・サウスダコタ州で生まれました。


お父さんはホワイト。お母さんはタン&ブラック。
お父さんはプー助が生まれてすぐ、犬舎の火事で亡くなりました。

pu-1.jpg


そして1989年11月8日、アメリカ・シカゴ郊外に住んでいた私達。
近所のペットショップで出会いました。



当時は犬が恐かった8歳のクマmama
(ご存知の方が多いとは思いますが、私たちは双子です)

元気いっぱいのプーちゃんを見て
両親が購入すると言ってもは正直乗り気はしませんでした


でもうちに一緒に帰って、一緒に成長するにつれて
ペットや弟という存在の枠を超えて
私にとって本当に大切な大切な存在になりました


pu-2.jpg


高校を卒業し、日本の大学へ進学することになったクマmama
父をアメリカに残し、母とプーちゃんと帰国しました。

このとき私達は18歳。プーちゃんは10歳でした。



しかし、プーちゃんにとって
湿気の多い日本の気候は合わず、皮膚炎を起こしてしまいました。
離れるのは嫌でしたが
母がアメリカへ連れて戻ることに

クマmamaと一緒に成田空港まで見送りに行きました



それからは、休みのたびにプーちゃんに会うため
アメリカに行く生活が

社会人になっても、会いに行っていました。


半年に1回しか会わないうちに
どんどん白髪が増え、衰えていくのがわかりました。


そしてついに…プーちゃんが15歳の春。
腎臓が弱っていることを獣医さんに言われました。


pu-4.jpg

にほんブログ村 犬ブログ ペキニーズへ

>>>続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。