モモだより

白ペキニーズ・モモの日常を紹介します♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 犬ブログ ペキニーズへ

報告が遅くなりました。

10月2日 午前10時43分。
3214グラムの元気な女の子を出産しました。


名前は瑠璃です。

妊娠初期、性別が分かる前からだんながこの名前に決めていました。
インスピレーションらしいです。


091004_080427.jpg


出産予定日は9月26日でしたが
26日を過ぎても生まれる気配がなく
予定日を過ぎるとどんどん胎盤が劣化して赤ちゃんが危険な状態になるというので
陣痛誘発剤、陣痛促進剤の使用について説明を受けたりしていました。

でも促進剤でまれに子宮破裂などの副作用があるという話を聞いて
できれば自然に陣痛が来て欲しいと毎日願っていました。

そしたら9月30日の夜から軽い生理痛のような子宮収縮が。

10月1日の夕方に陣痛が10分間隔になって一度診察を受けたものの
一旦帰宅して様子を見ることになり

結局深夜1時を過ぎて陣痛が5~8分間隔になったので
再び病院へ行き、そのまま入院となりました。



「ちょっとくらい休憩させてー!」と言いたくても
陣痛は容赦なく痛みを増し、さらに間隔が短くなり
朝5時半ごろになっていよいよお産が始まり

赤ちゃんの頭が見え始めえると
それまではどんな痛みがきても
深呼吸で痛みを逃していたのが
今度は息を止めて、思いっきり力を入れて押し出さなければいけなくて
これが今まで生きてきた中で一番痛かった。。。

ずっとイメージトレーニングしていたけれど
そのイメトレで想像していた以上に痛かったです。
正直言って、次は無痛分娩じゃないと生みたくないと思ったほど。

でも頭が出てから身体が出て産声を聞いたら
全身の力が抜けて、そのかわりに涙が溢れてきました。



昔から出産の立会いは絶対にしたくないと言っていただんなですが
陣痛のあいだ腰をさすってくれたり呼吸をリードしてくれているうちに
とうとうへその緒を切るところまで立ち会ってしまいました。

でも出産がどれだけ大変な作業なのかを目の当たりにできて良かったと言ってくれて
私もだんながずっと横にいてくれて心強かったので
結果として立会い出産になって良かったと思いました。



6日には退院し、4日ぶりにモモの元へ。

さぞ喜んで出迎えてくれるだろうと期待したのに
私よりも赤ちゃんに興味津々でした。。。トホホ。

momoruri_firstencounter.jpg



一番心配していたモモとの関係ですが

ヤキモチを焼くというよりも、ルリが泣くと心配してくれたりして
イタズラする事もなく良いお姉さんです。

momo_babybed.jpg

momo_rack.jpg


これからはモモルリをよろしくお願いします。




にほんブログ村 犬ブログ ペキニーズへ

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。